民事再生とは

債務整理の手続きの1つである民事再生は、任意整理の際に引き直し計算を行ってもまだ返せない額の借金が残っている場合に、自己破産はしたくない、住宅や車などの財産を手放したくないという人が選択することができる手続きです。

裁判所裁判所に民事再生を申し立てることによって借金の総額を1500万円未満から500万円未満の場合は1/5に、500万円未満から100万円の場合は100万円に減額することができ、減額した借金を原則3年間で完済します。借金の総額が100万円未満の場合は民事再生をしても減額を期待することはできませんが、300万円以上ある場合は適している手続きです。

弁護士に相談後、受任契約を結ぶと貸金業者からの取り立ては停止し、民事再生では借金の理由は特に問われることはありません。裁判所や弁護士と聞くと民事再生をしたことが家族や勤務先など周囲の人にバレてしまうのではと不安に感じる人もいますが、家族や会社にもバレずに手続きを進めることができます。

ただし、民事再生にもデメリットはあります。まずは民事再生を選択する際は安定した収入があることが必要不可欠で、安定した収入がないと申し立て自体を行うことができません。また信用情報機関に記録されることで、いわゆるブラックとなり5年から10年はクレジットカードや住宅ローン、車のローンやキャッシングカードなど新たな借金をすることができなくなります。


**関連記事**

  1. 借金と債務整理
  2. 民事再生の流れ
  3. 個人では難しい