民事再生の流れ

まずは弁護士に相談をして自分が民事再生の手続きを受けることができるかどうか判断してもらいます。借金の総額や収入や財産の有無などをヒアリングし、弁護士は民事再生に適しているかを判断します。

相談相談後、手続きの流れや民事再生のメリット・デメリットなどの説明を受け、納得すればそのまま受任契約を結びます。受任契約が完了すると、弁護士や債務者の正式な代理人となり受任した当日に弁護士介入通知と呼ばれる受任通知を各貸金業者へ発送します。貸金業者が受任通知を受け取ると、その時点で取り立てや返済が停止します。

次に行われるのが利息制限法の上限金利への引直計算です。貸金業者に取引履歴の提出を求め、法定金利に基づく引き直し計算を行います。これによって借金の額を確定し、過払い金が発生している場合は過払い金の返還請求も行います。ここでかかる時間はだいたい1ヶ月から3ヶ月ほどです。

借金の額が確定すると、申立書類の準備に入ります。申立書類の準備が完了すると裁判所へ提出し民事再生の申し立てを行います。この時に裁判所では民事再生委員が選定され、申し立て後に民事再生委員との面接を行います。面接では弁護士だけではなく依頼者も同席し、借金の内容や理由、返済の見込みについてなどの質問に答えます。申し立て後面接を行い、一ヶ月程度で再生手続き開始決定が裁判所から出されます。その後貸金業者の主張も裁判所に提出され、再計画案の提出などを経て書面による決議が行われ、確定すると再生計画に剃った返済が開始します。


**関連記事**

  1. 借金と債務整理
  2. 民事再生とは
  3. 個人では難しい
Pocket